アフィリエイターへ転職!?【第3話】『JP神話』なんだか良くわからないけど日本企業の割高なものがよく売れる!?

アフィリエイターへ転職!?【第3話】『JP神話』なんだか良くわからないけど日本企業の割高なものがよく売れる!?

日本法人ができた素晴らしい海外サービスは日本でもよく売れています。

しかし、海外で海外の企業からサービスや商品を買うのは本当に毛嫌いします。

海外に100倍くらいいいものがあっても日本企業が売っているものを選んでしまいます。

これが現実です。

何が違うって?

サポートが安心!

信用できる!

何かあった時に困るから!

そうです。

それが何だかんだ文句を言っても年金と日本円に信頼を寄せまくっている私達の深層心理なのです。

これを『JP神話』と勝手に呼んでいます。

JPドメインのように『.jp』が高値で売れた時期もありました。それを売りまくっていた企業は大成長しました。今ではドメインの最後尾の文字はほとんど世界基準になってしまいましたが、使っていた人はドメイン力や信頼があるからといって今だに『.jp』ドメインを使っていることでしょう。

確かに同じ日本企業が『.jp』ドメインと『.com』ドメインのサイトを持っていたら、『.jp』ドメインの方を見てしまいます。

日本食っていいなというイメージと一緒です。

間違っても『.io』ドメインの日本企業は日本ではうけないでしょう。

そうです。

話は違いましたが、どんなに世界標準から考えて割高であっても日本で作られている、日本企業であるということで売れてしまうのです。

これは覚えておくと良いと思います。

This post was last modified on June 20, 2018, 1:06 pm

osusume

Share
Published by
osusume

『秘密のランキングサイト』

運営者情報お問い合わせ

All Rights Reserved.