アフィリエイターへ転職!?【第21話】AMP対応しないと検索順位が落ちる!?

アフィリエイターへ転職!?【第21話】AMP対応しないと検索順位が落ちる!?

現在は

『別に気にすることはないよ。ただモバイルで、、、ごにょごにょ、、』

というような何とも言えないスタンスを取っていますが、これは次のアップデートで『レスポンスが遅いサイトの検索順位は落とします。』という予告だともとらえられます。AMP対応はレスポンスを速くするための技術的解決法です。

これはまずいですね。

何がまずいって、結構大変です。

以前もレスポンシブ対応してないと順位から抹消するぞみたいな勢いでした。

ほんとうに検索エンジンを握られるって言論の自由や規格やフォーマットを握られるくらい重要なことです。

Googleからモバイル版サイトが問題ないと判断されると連絡が来る!

Mobile-first indexing enabled for http://…com/ 2018年5月27日
To owner of http://….com/,

This means that you may see more traffic in your logs from Googlebot Smartphone. You may also see that snippets in Google Search results are now generated from the mobile version of your content.

Background: Mobile-first indexing means that Googlebot will now use the mobile version of your site for indexing and ranking, to better help our (primarily mobile) users find what they’re looking for. Google’s crawling, indexing, and ranking systems have historically used the desktop version of your site’s content, which can cause issues for mobile searchers when the desktop version differs from the mobile version. Our analysis indicates that the mobile and desktop versions of your site are comparable.

For more information:
• Monitor your index coverage using the Index Status report.
• Monitor your impressions, clicks, and site appearance using the Performance report.
• If you have any additional questions, drop by our Webmaster forum for more help – mention message type [WNC-200,,,] or our public events.

これは私のサイトは速いからOKだよってことなのだと思っていたのですが、翻訳すると違うようです。

『モバイル版とPC版のページで同じ内容が見えていますのでこれからはモバイル版をインデックスの材料にします。』ってことらしいです。

https://developers.google.com/search/mobile-sites/mobile-first-indexing?hl=ja#best-practicesにあるようにモバイル版とPC版で内容が違うときに問題が起きるようです。

所有するサイトのタイプ…

パソコン用サイトのみでモバイル フレンドリー サイトがない場合

変更はありません。モバイル版とパソコン版は同じです。

レスポンシブ ウェブ デザイン

画面サイズを調整するサイトの場合

変更はありません。モバイル版とパソコン版は同じです。

正規 AMP

ウェブページがすべて AMP HTML で作成されている場合

変更はありません。モバイル版とパソコン版は同じです。

別々の URL

パソコン用の各 URL に対し、モバイル用に最適化されたコンテンツが配信される別の URL がある場合。このタイプのサイトは、「m.」サイトとも呼ばれます。

Google ではモバイル版 URL を優先してインデックスに登録します。モバイル ファースト インデックスに備えるには、Google のおすすめの方法を参考にしてください。

動的な配信

ユーザーの端末に応じて、異なるコンテンツを配信するサイトの場合。ユーザーには 1 つの URL しか表示されません。

Google は、モバイル用に最適化されたコンテンツを優先してインデックスに登録します。モバイル ファースト インデックスに備えるには、Google のおすすめの方法を参考にしてください。

AMP および非 AMP

AMP 版と非 AMP 版の両方のページがサイトにある場合。ユーザーには 2 つの異なる URL が表示されます。

Google では非 AMP のモバイル版 URL を優先してインデックスに登録します。非 AMP モバイル版で動的に配信するか、別の URL を使用する場合は、Google のおすすめの方法を参考にしてください。

今回はレスポンスは関係ない!

なんかよくわかりませんね。

前にモバイル版のサイトとPC版のサイトを用意してアクセスしているAgentで振り分けろと言っていたような気がします。

URLを分けて作るという判断をした人も居るでしょう。

そういう場合は何か修正をしないといけないようです。

うーん、初めから言っておいてくれよ。。

ただ、同じURLでスマホ版だけ軽く作ったサイトを表示し、PC版ではがっちり作りこんでいるとPC版が採用されるということらしいです。

すると、いいんじゃないでしょうか?問題なさそうです。

また、AMPは極限まで装飾を排除したものです。これにしろっていうのもハチャメチャな話ですね。

完全にモバイル版のAMPページとPC版で内容が同じだといいみたいな雰囲気です。

AMPと非AMPが混在していると、つまり、サイトにAMPでは表示できないこったオブジェクトがあるとPC版をインデックスのネタにするというのです。

これ、今は問題はありません。

もし、レスポンスが検索順位に影響するってことになったら?どうなる??

いずれ来るでしょう。

これは世界的に見れば未開の地でもIT化が進んで使われるから、コンパクトなサイトを作れっていうことだと思います。

もしスピード、軽量さが重視されるとPC版サイトでインデックスを作成されている人はレスポンスがAMPよりも遅いということになります。

これってもはや終わっていませんか?

もし、PCで完全AMP化できる軽いサイトだったらいいんですが、問題ありですね。

もしレスポンスが遅いサイトがあったらAMP版ページを提供していればレスポンス面は減点免除してくれるはずです。

そう願っています。

だって、サイトをスカスカにするってそれは問題でしょう?

内容が濃いページの良さがレスポンスで消えるのはいけません。

AMPと非AMPがあるサイトは、

『AMPページのURLとPC版のURLの両方が表示される』と書いてありましたので、スマホユーザーが選べるようです。

そうなれば別にPC版のレスポンスが遅くても問題ないのでしょう。

というか、多分、完全AMP対応せよ!ってことだと思います。

たとえば、レスポンシブデザインでワードプレスを使う場合はキャッシュを利用しても~5秒くらいかかります。

画像が多い場合はもっとかかります。キャッシュプラグインを使わないと10秒から20秒かかります。

こういうわけで、もうワードプレス使うなってことでみんなBlogger使えというのでしょうか?

かなり大変な気がします。

WORDPRESSで今までがっつり作りこんだサイトをAMPみたいな軽量化するなんて、、

そもそもWORDPRESSはキャッシュプラグインだけじゃ足りずAMP化しないと無理!?

だと思います。

キャッシュプラグインを使って4,5秒は絶対にかかってしまいます。

ってことはAMPだと1,2秒以下なので、完全に差が開いてしまいます。

HTMLサイトはなんも心配いりません。逆に古き良きサイトです。AMPより速いです。

つまりはAMPっていうのは動的なCMSでサイトを作っている人が静的なHTMLぽくしてスマホでサクサク見れるようにしようっていう発想のような気がします。

でも日本はスマホも速いですから、気にしないでくれって思うんですが、やっぱ、5秒待つのは嫌ですよね?

だからレスポンスが1,2秒以上のサイトは順位が落ちるのでは?ないでしょうか?

恐怖ですね。

AMP化なんてWORDPRESSのプラグインで無思考にできるんですが、元のコンテンツと同じにはできないのでそこが問題です。

じゃあ、こういうふうに常に最新のテクノロジーを吸収して使いこなさないとやっていけないってことになるんですね。

アフィリエイターは。

無料ブログはそういうの考えなくてもやってくれるんでいいと思います。

This post was last modified on August 8, 2018, 1:42 am

osusume

Share
Published by
osusume

『秘密のランキングサイト』

運営者情報お問い合わせ

All Rights Reserved.