アフィリエイターへ転職!?【第29話】これからのWebメディアはどう変わるか?ブログはどうなる?SNSは?

アフィリエイターへ転職!?【第29話】これからのWebメディアはどう変わるか?ブログはどうなる?SNSは?

もうほんと考えていると頭がおかしくなりそうです。

それくらい将来のことはわかりません。

Googleの一存でも決まりませんが、Googleには見えていると思います。

今後が。。。

今後のWebメディアは大きく変わる!というか、Googleの逆襲がくる!?

現在は、FB,TWなどのSNSに客を取られている状態のGoogleですが、完全にチャンスが巡ってきました。もうじき仕掛けてくるでしょう。

というのはFBもTWも問題を抱えているからです。

しかし、Googleが巻き返すと言ってもそのコンテンツ自体が無くなっているんです。

まるでTV番組のように。。。

悲しい。。。

しかし、やってる方はありがたいことにライバルが減って嬉しいんですが。。

また、人気になると困るんです。。

ただ、メディアを作れる人はたぶん、自分でサーバーを借りてWordPressが自由自在に操れるくらいの人じゃないと難しいのではないでしょうか?

  • テクニカルな管理者という人は必要でしょう。
  • あとは、コンテンツ制作者。
  • あとは、デザインを見る人。
  • マネタイズをする人。ASP対応とか開拓とか。。

これって、百姓ですよね?

一人でいろいろなことやって、まあ、これらが上手くいくと会社として成立していて23区内で事務所を開いているベンチャー企業なんかが多くいます。

アフィリエイトやってて思ったのがWebビジネスの仕組みが目の当たりにしてよく分かるということでした。

どういう風にベンチャーが出来上がって、硬いビジネスモデルとなっていくのか?

などということです。

ライトなユーザーは閲覧者の一部となる!

つまり、お客様になるということです。簡単にブログが作れたりチャットが作れたりするサービスで発信している人はメディアを運営しているようで、運用はしていますが、お金を得る側ではなく使う側のユーザーになっていく気がします。

TWなんてまさにその通りで、お客さんがどんどん拡散して買いあさってくれるというモデルになっています。

簡単ブログサービスも似たようなもので、どちらかというと、閲覧者が快適に見れるようなメディアを作っていき、そこで経済が成立してくれることをGoogleは狙っているんだと思います。

将来的にはGoogleの検索結果を見る人は増えると思う!

これからGoogleの検索が劇的に変化するはずです。UIも変わるかもしれません。

そしてその利便性からまるでSNSのような囲い込み経済圏を作ることでしょう。

閲覧者は増えるわけです。

ただ、メディアは淘汰されるでしょう。

必然的にペラサイトにアフィリエイト100%の施策をしたサイトなどはさすがに目に触れないようにされそうです。今のところは大丈夫そうですが、これはやるでしょう。

たとえば、同じようにアフィリエイトを紹介するにしても意味のある情報を一緒に提供してくれるサイトなのか?

ただのコピペなのか?

そういう違いがあるのです。

投資アドバイザーが書いた投資アフィリエイトの商品紹介と知識の乏しい人の体験談ではどっちが役立ちますか?

失敗談としては初心者談はありがたいですが、通常はプロの、プロなんて誰が決めることじゃないですが、ちゃんとした人のコメントです。

大事なのはそこで、著名人が「不動産投資をおすすめするならどこ?」って聞かれて、「不動産投資はおすすめしないけど、、、あえていうなら、、こういうのがいいんじゃない?もっといえばこういう方がいいよ!」って、うちのロケットに出資してほしいと言いたかったのかもしれませんが、

そういうリアルな真実の言葉が聞きたいわけです。

今は日常をさらけだすはずのSNSでさえ、やらせが横行していて、ウソなんて当たり前で金で買えるものです。

ということで、今後はもっと重要になってくるのは、ネットから嘘つきは排除される!

ってことじゃないでしょうか?

これはGoogleにできるのか?

AIの力を総動員してやればたまったものじゃありません。

ビビってきました。

ネットでウソを付いたらネットから消されてしまうのではないかと、、そういう恐怖に陥るようになったら、もうウソを付くのは辞めたほうがよいということです。

ウソより、人が喜ぶコンテンツがあるはずです。その人にしかできないこと。

それが自分の強みです。

SNSの目的は本来そういうことでした。

たぶん、凄い人は自分ではあまり文字打たない。

アフィリエイトを楽に行うには、アフィリエイトサイト作成代行にあるようなサービスを利用することです。

This post was last modified on August 8, 2018, 1:42 am

osusume

Share
Published by
osusume

『秘密のランキングサイト』

運営者情報お問い合わせ

All Rights Reserved.