アフィリエイターへ転職!?【第31話】SSL化したらサイト表示が速い!!

アフィリエイターへ転職!?【第30話】】SSL化したらサイト表示が速い!!

『Google Chrome は最新版です
バージョン: 67.0.3396.99(Official Build) (64 ビット)』

これもあと2日の表示です。

正直、こんなにヤバイことだとは思わずにスルーしてAMP化対応を優先させていて焦って見たもののプラグインで即解決できたので難を逃れましたが、確かに気にしてみれば今の『i』マークだけでも十分、不正な感じがします。

Googleは検索順位は国ごとに考えるらしいので日本のように対応されているブログサービスが半分程度の国では順位に影響が出たりシないと思います。

しかし、このサイトは安全ではありません!って警告を出すのだけは迷惑ですね。

趣味でやってるブログまでそんな事言われるなんて耐えられないですね。

なんでたかがサイトごときに暗号化が必要なのか?というと、Googleアナリティクスの訪問者情報で、年齢、興味のあるジャンル、性別、OS、ブラウザ、市区町村が分かるということを前回の記事でも少し触れましたが、私には見えないだけでユーザーIDから電話番号、氏名まで調べることができるはずです。

ということでHTTPS化対応が必須だったのでしょう。日本は凄い勢いで焦らされたみたいで、、これもGoogle様がどれだけ情報を見ているかっていうことを知っているのは一部のアフィリエイトやマーケティングに関わっている人たちだけだったのかもしれません。

ほとんど人はGoogleアナリティクスなんて見ません。

しかし、どうするんでしょう。。。

ついに強制的に日本のブログサービスが取捨選択される日が来たのでしょうか。。

惰性でやっているブログサービスが大半なのにこれはキツイですね。

もちろん、一部のアフィリエイター以外は気にもしないことでしょう。。

今の所、HTTPS対応をする予定なのは半分くらいのブログサービスにとどまっているようです。

大したことないとおもうのですが、既存のページの中にあるリンクのhttp://という記述まで問題になるといったり、便利なウィジェットがhttpsじゃないと警告が出てしまうなどという問題の方が大きいようです。

本気でやっている広告業のURLがhttpsに対応されたのも最近のような気がします。

まあ、Googleにも事情があるのでしょう。このままじゃ意識高い系のヨーロッパから個人的な情報ダダ漏れで許さないぞ!って言われているんでしょうから。

日本は事情をくんでやんわり警告を出す程度にしてほしいものです。日本にはプライバシーの概念はほとんどありません。狭い国ですから。。。

しかし、HTTPSのサーバーの方がめちゃくちゃ速いじゃないですか、、、、

単純なHTTPの方が遅いってどういうことでしょうか??

これでもうサテライトサイトが壊滅しそうです。

サテライトサイトもWordPressで作れとなって、でも、独自IPをたくさん持つことは難しく、IP分散するサービスはブラックリストに乗るっていう噂がありますし、もう、どうするんでしょう?

サテライト終了?

ってことでしょうか?

日本でAMPもHTTPSも対応していて無料なのは、アメブロだけですね。。。

アメブロはスマホ表示がヤバイですし、サテライトリンクが多いとBANされるっていう噂もあります。

つまり、サテライトもお金を払うしかない。。。。

となると、自然とサテライトが減る流れにあるわけです。

いや、

Google Bloggerの利用者が増えることでしょう。。。

うまいですね。さすが。恐れ入ります。

調査では、日本の省庁のホームページのSSL化は20%以下と言っていた!

Chrome 68 ベータ版で表示したところです。

内閣府がこれですから日本では『インターネットは危険だ!』という認識でいいのだと思います。

ただ、これでは買い物サイト、アフィリエイトサイトで絶対買い物したくありませんね。

やっかいなSEOは自分で、アフィリエイトを楽に行うには、アフィリエイトサイト作成代行にあるようなサービスを利用することです。

This post was last modified on August 8, 2018, 1:42 am

osusume

Share
Published by
osusume

『秘密のランキングサイト』

運営者情報お問い合わせ

All Rights Reserved.