<WEB系の転職、仕事の探し方>【アフィリエイター】【第45話】『金融トレード系アフィはおすすめできない!?』【回復するのが大変そうです】

<WEB系の転職、仕事の探し方>【アフィリエイター】【第45話】『金融トレード系アフィはおすすめできない!?』【回復するのが大変そうです】

残念ですがもう仮想通貨ショック(日本発によるハッキングと規制の嵐)により、日本の投機熱は完全に打ち消されました。

トレードに対して夢も希望も無いということが分かってしまいました。

特に仮想通貨の落ち込みがひどく、FX、株からトレーダーを引き集めた挙げ句に資産を吸い上げてしまい、儲かった人からは税金をたくさん取り、トレーダーの資産を大幅に減らしてしまいました。

なによりハッキングでもトレードでも円が減って海外へ流れていったことは大打撃です。

そして精神的に若年層が唯一トレードに目覚めた直後のことでしたので全員が二日酔いのまま1年間を過ごす羽目になったのです。

2018年年初の高値づかみしたままのコインをそのまま握りしめてガチホして1年を過ごすなんていうのも気分が悪くなるまさに二日酔いが1年酔いくらいに悪化した感じです。

1年では決して元には戻らない打撃を受けました。

1年どころか、これからの担い手の若者たちがたくさんショックを受けました。

この若者たちの受けたイメージは金融トレードは無理だ。絶対勝てないように仕組まれている!

TwitterやSNSで親切にしてくる人が嘘のような中身のない情報商材を高値で売ってくる!

という散々な思い出を残すことになりました。

つまり、これからの世代がトレード全般に対してごっそりネガティブイメージを持っているのです。

よく昔バブルの頃はってしつこく言う先輩が居たという話があるように、いい思い出があれば投資という行為にも前向きになれますが、数十年に渡る経済不況の挙げ句こんなにひどいネガティブイメージをくらわされたら、今後10年以上投資ブームはこないかもしれません。

もはや背水の陣という態勢で挑んでいる会社もいることでしょう。

たとえば悪い業者がいたとしても、一度は勝たせてあげるでしょう。そうしないと興味を持つ前に辞めてしまいます。

それが金融トレード業界です。業界で働く人もアフィリエイターもASPも全ての人が打撃をくらいます。

そのため証券会社で株式トレードをやる人が出るでしょうが、歴史があるのでアフィリエイターも法人化された強いところが独占しています。

また、株の証券会社も淘汰されすぎていてほとんど選択肢の幅もないのでアフィリエイトのネタも少なく、口座申込で報酬を得るにしても単価が安い上にほとんどの人がすでに口座を持っていますので全くメリットがないと思われます。

これにて、仮想通貨と金融トレードを専門にメディア運営しているアフィリエイターは9割減くらいのダメージをくらったはずです。下手をすれば99.9%減くらいのダメージです。

それがもう二度と復活できないのではないかと思う所以です。

しかし本当に残念です。せっかく、仮想通貨やFXなどで時間をかけてメディアを作ってアフィリエイターたちが頑張ってきたのにそれが全てだめになるなんて考えたくないことです。

ほかのジャンルに移るにしても今まで1年間かけて作業してきたものが0になって、新しい何かを今から始める余力なんてどこにもありません。という人が多いと思います。

なんと言ってもやる気が起きるのに時間がかかる。。いや、もう二度と起き上がってこれないんじゃないかと思います。

それが引退者が続出するという危惧です。

合わせて、クッキー問題、Googleアルゴリズム、、、

という大荒れの天気です。

というわけで金融トレードアフィは非推奨です。

あと、これ儲かるジャンルだと思われがちですが、実は業界全体から見たら全然小さいです。男性ものでは大きいジャンルですが、今回の件で完全消滅する勢いですので、もう辞めたほうがいいジャンルです。

This post was last modified on 2018年9月22日 11:25 PM

osusume

Share
Published by
osusume

『秘密のランキングサイト』

運営者情報お問い合わせ

All Rights Reserved.