アフィリエイターへ転職!?【第12話】アフィリエイトのために新しくブログを作って効果があるか?おすすめの新規サイトの立ち上げ方

アフィリエイターへ転職!?【第12話】アフィリエイトのために新しくブログを作って効果があるか?おすすめの新規サイトの立ち上げ方

アフィリエイト用のサイトを作ることはもはや暗黙の常識となっていますが、ほんとうにそれでいいのでしょうか?

おすすめのアフィリエイト用ブログ、サイトの立ち上げ方法

1.とにかくすべてを0から新規にアフィリエイトを作る方法!

  • ドメイン:新規登録
  • サーバー:共用レンタルサーバーでレンタル
  • ブログサービス:ワードプレス
  • サイトデザイン:販売されているテンプレートを使う
  • サイトコンテンツ:自分でひたすら書く
  • 利用ASP:大手一般商材を取り扱っているASP
  • ASP申請:新規に申し込む。新しく作っているサイトを審査してもらう。
  • サイト記事数:200ページ以上
  • アクセス数:100PV/日
  • 制作期間:30日
  • 見込まれる収益:円/月
  • 集客方法:SEOのみ。Google検索で上位表示されるのみ

2.とにかく全てを新規に作らないで始める方法!

  • ドメイン:中古ドメインを買う。(月間PV数)
  • サーバー:無料ブログのサーバーを利用
  • ブログサービス:ライブドアブログ、、など
  • サイトデザイン:無料ブログのテンプレートから選ぶ
  • サイトコンテンツ:サイト丸ごと買う。重要なページだけ高単価にして注文制作。
  • 利用ASP:大手一般商材を取り扱っているASP
  • ASP申請:新規に申し込む。買ったサイトを審査してもらう。
  • サイト記事数:200ページ以上
  • アクセス数見込み:100PV/日
  • 制作期間:30日
  • 見込まれる収益:円/月
  • 集客方法:リスティング広告、購入したサテライトからのリンク

どの方法がおすすめか???

1番いいのは全てを新規に登録して、全ての記事を自分で書くことです。

しかしこれには問題があります。

それは時間というか、体力が限られていますのでとても日数がかかってしまいます。

もし、収益になる見込みが分かれば、2の方法の全てをカネの力で解決するということで楽をしたいです。

本当に1ヶ月後に、3ヶ月後に、6ヶ月後に5万円/月とか、10万円/月の収入が見込めるならば全力でお金をかけていきたいと思います。

一時期、中古ドメイン、中古サイト販売が流行りました。

自分も売ろうかと思いましたが、やはり、厳しいというか、世界規模でしのぎを削っている業界だけあって日本はもちろん、海外のサイトでさえも利益がでそうなものは限界の値段がついています。

また、中身がスカスカの詐欺のような中古サイトがうられていたりします。

中古ドメインのみの販売についてはグーグルのアップデートによって効果がよく分かりませんので、リスクがあるかもしれません。

できれば始める少し前にドメインを買って、少しだけのサイトでいいので作って放置しておくといいかもしれません。

買うならば現在稼働しているサイトとドメイン両方をそのまま買う!

これは現在PVがどれだけあって、ユーザーの年齢、興味のあるジャンルまで見えてしまう時代ですので、これで明確に値段が決まってきます。まあ、ともかく、これは誰も手放さないわけです。とくに日本のような競走過多の状況では日本語サイトで利益がでそうなサイトはほぼまっとうな値段では買えないことでしょう。

ですが、はっきりいって買うなら、まるごと買うべきです。

また、あまり流行っていないけどちょっと手を入れたら行けるぞっていうのを買うのが理想的です。

もちろん、販売サイトもありますのでそちらものちほどおすすめランキングしておきます。

ほんとうに買えたらそれが資産になるわけですからほぼ投資です。それくらい明確に収益を予測できないとアフィリエイトなんてやれないと思います。

はじめは分かりません。

自分がやってみて体験していくしかない世界です。

すると、はじめから買う人は居ないわけで、成功体験のある人が買うことができるわけです。100万円、1000万円のサイトを買えますか?

投資回収に1年かかるサイトを買えますか??

ということです。

事業として考えれば全然買いますね。よく、インターネット会社は成功したサイトを買い取ったりしています。そして自社サービスにしたりしているわけです。株主になったような感じにも似ています。こちらは大規模でちゃんとしたものが前提となります。

結局、リスティング広告を出すしかなくなるのか?

たぶん、そうなります。

カネをかけていくつもサイトを買ってもキーワードでTOP10とかTOP5とかに入るのはそれだけしか居ないわけですから、ほんとに厳しい世界です。

よくてプラスマイナス0とかだったら時間の無駄ですし、多分、リスティング広告を使いこなせないとサイトを買うべきではありません。もしもコケたときにリスクがありすぎます。

ようするに閲覧者がリピートしてくれないようなサイトは駄目なんです。

結局、メディアとしての魅力を持ったサイトかどうか?WEBサービスと言えるくらいのサイトを作らないと駄目だということ

リスティング広告でうまく立ち回れない限りは本当にユーザーが見て役に立つというサイトでないと伸びないと思います。

PVが伸びないサイトは結局アフィリエイトをやってもあまりヒットしません。

これって凄い真実であって、CMに力を入れすぎてつまらなくなったTVのバラエティ番組に通じるところがあるのです。

別に安定してお金がTV局に入ってきていたら今でも昔のようなCMに振り回されない面白い番組が見れていたと思います。

これは日本の不況が悪いわけです。

昭和のままだったらこういうふうにはなっていないわけです。

メディアとしての魅力を持ったサイトを作っていけばASPやスポンサー企業から連絡がある!

結局、アフィリエイトのやり方なんてみんな同じでアフィリエイトページを上位表示させる方法なんてトップに出ている人の真似をすればいいだけです。

ですから、全く、そこにノウハウなんてないわけです。ありますが、そこに実力は必要ありません。ただ、決められたように比較ランキングページを作ってそこにアフィリエイト広告を貼っていくだけです。

これでは何ら違いがありません。そして、アフィリエイトのためのページだけのサイトなんて面白くないので誰も見なくなるわけです。するとPVが減っていき、SEOでもアフィリエイトページがヒットしなくなっていく。

これで収益が0になっていき焦ってしまう。どんなに有名なブログでもそうなります。

だって、ブログってWebLogからきていて「日記」という意味ですから。

そんな広告ページばかり出てきて、比較ランキングとか、おすすめランキングって言われても知らねえよ!そもそもあなたはそのジャンルの専門家じゃないでしょ?

ただの素人がそんな専門的知識が必要な金融サービスを比較しておすすめとかよく言えますよね??

となるわけです。

よくある、ブログでペンネームを出してアニメのイラストの顔にプロフィールを書いて「○○がおすすめする〜〜ランキング」というのがありますが、あなたは誰ですか?

ということになります。

もちろん、効果があったから流行ったわけで、ネットに疎い人が初めて検索してみたときこの人は有名人なんだ、じゃあ、きっと正しいから信じてみよう!という感覚です。

たとえば、「ジャパネットたかた」さんではなく、「シャパネットたけだ」というのがあったけどなんか聞いたことあるからここで買っておくかと言って買うようなものです。

まあ、数ヶ月稼げたらそれでいいのであればそれでいいと思います。

とくにリスティング広告メインでいくならそれでいいと思います。

しかし、それは全てがグーグル様の手の平の上で決まってしまいます。

当然、競走は厳しくなり利益がでる限界まで来てしまうという感じでしょう。

普通なら早くほかの仕事をしたほうがいいよということになります。しかし、現在日本は空前絶後の不況のままいまだ立ち直っていません。

これでは普通にはたらけるのはとても運がよくないと難しいものでこっちも駄目なのでがんばってアフィリエイトをしてしまうのでしょう。

ってことで、非常に厳しい争いになっているという気がします。

そこでがんばっている社会人、会社員の人たちがASP事業者の営業さんです。

この人達が今全てのネット広告のことを把握しているはずです。

この営業さん達は魅力的なサービス、付加価値を持っているWebサイト、ブログにはとにかく目がありません。

この方たちの目はまじで肥えまくっています!はずです。

だって、売れてるサイトをいくつも見れてるわけですから。。。当たり前です。

そして、消えていくサイトも、、、わかっています。

そして、ASP事業者さんたちは沢山いてライバル会社さんたちと競走しています。

ここが一番きついわけです。

ある意味、毎日が新人タレントスカウトなわけです。

わかりますよね?どういう人がダイヤの原石なのか?

コンテンツが良くて、見た人がためになったからまた見ようって思えるようなサイトやブログのことですよ!

アフィリエイト広告がベタベタに貼ってあるようなサイトじゃないですよ!

魅力的なサイトとは!

本当に魅力的なサイトだとASP事業者をすっ飛ばしてお客さんから直接「報酬をあげるから!掲載して!」という話が来ます。

これが来たらもうあなたのサイトは魅力的ですということになります。

もちろん、ASP社からも来ます。それが正解なわけです。

あとは比較一覧とか適当に、、今ヒットしやすいページ構成のアフィリエイトページを作ればいいだけのことです。

ようするにサイトのおまけみたいなもんです。

何が売りたいかわからないというサイトはそれはまっとうなことをやっているサイトだからです。

逆にこれを売っているというのが全面に出ていたらまあ、売れないでしょう。

というか、すぐに消えていくでしょう。

そうこれが大きな違いです。

魅力的なサイトは短期間で爆発的に儲かるわけじゃありません。ほんとうに小さいお金です。

それが積み重なっていくと大きいお金になります。それもいくつもサイトを持っていてもいいわけですからヒットサイトをどんどん生み出せばいいわけです。

楽曲をプロデュースしてCDからカラオケの印税までずーっと入ってくる音楽プロデューサーをイメージすればいいかと思います。

まあ、CMソングってのもありますが、、、、

というか、CMソングのほうが多いのでは、、、

これまた、TV番組と似た結果に。

つまり、、魅力的なWebサイトは現在とても少なくなってきている!ということです。わかりますよね?つまり、それをすれば誰でもすぐにヒットするってことですよ!

と、タグをおかしな使い方してみても、そんなのかんけいないんですよ。

多分、、

見た人がおもしろい!役立つ!

って思うことが全てなんだと思います。

もし、

カカクコムさんのサイトが売りに出たら買いますか???→有り金全部もって全力で買いに行きます。

だって、それって会社を売っているようなもんですから。当たり前ですよね?

いかに価値あるサイトが価値があるかって理解することが大事です。やっぱり。

これが一番大事です。

昔はWebサービスを個人で考える、開発するのって大変でした。

でも、今はネットで無料でプログラムが公開されているので余裕なのです。

本当に企業サービスにしないのであればほとんどネットサービスはプログラムを自分で0から書くことなく構築できます。

ちょっと修正が必要なので知識はいりますが、時間は大幅に節約できます。

また、日本語という言語自身にもコンテンツとしての価値がありますので大事にしてください。

まあ、不況とスマホの台頭で魅力的なWebサービスサイトはほとんど消えてしまいました!

不況は競争激化、利益追求主義となったわけですが、

スマホの出現、台頭がきつかったですね。

むかしむかしあるところで、HTMLだけの静的なサイトからワードプレスなどのCMSを利用したPHPプログラミングを活用しまくったWebサービスが個人でも手軽にできるようになったんです!

そこで勢い余って、全力で自分が作りたいWebサービスサイトを3ヶ月かけて寝る暇も惜しんで作ったわけです。

Aucfanさんみたいな感じでユーザーが便利になって、それがアフィリエイトリンクにもなっているという感じで、あっという間にPVも利益も伸びていきました。。

ところが、、、、

ヤフオクさんのアフィリエイト停止へ!

事業計画を変えたらしいんですが、、、、もう、、、、それで収入が0に、、将来もこれは増える見込みがないという状況に。

半年くらい全身全霊を込めて作ったサイトが数ヶ月で収益0になるなんて、、、、

さらに、スマホの普及でレスポンシブルデザイン???

なんだよそれ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

それに従わなければ順位から落とす!

なんておっかないおじさんなんでしょうか?ぐーぐるおじさまは。

まじでビビりました。そのときはディスプレイが日々でかくなっていくので、少なめに見積もっても大型ディスプレイでカラムがいくつかあってていうのが良かったんですが、、いきなりそれが無理!っていうんですよ。

さらにアフィリエイトリンクが貼ってあるページの検索順位を下げるというのだから、全部のページが順位落ちですよ。これマジで参りました。

いずれ、PVまでもが0に。。

一年後に10倍、100倍の計画が、、、これで挫折して放置サイトにしていたサイトがあったんですが、今こそ、これですね。

これを蘇らせるときが来たわけです。

こんな寝かしておいてもなんにもならん!

さっさと小銭を稼ぐんだ!ということでそうですね。

もう、Urlの違うレスポンシブ対応できるサイトに移植してしまえということを考えたわけです。

これが驚いた事に簡単にテーマを変えるだけでレスポンシブ対応にできたんですね。2時間くらい。今まで何年も放置していたのが2時間で解決です。

さすが、ワードプレス!って感じです。

でも、最悪なケースの場合、何日間も作業して、バグが出てるのを直したり、移植できずにワードプレスのバックアップから復旧するという結末になるのかと思うと、儲かるジャンルでもないのにやる気がでなかったわけです。

でも、一応アフィリエイト商材があるってわかったので、思い切ることができたわけです。

ここで昔と違うのはASPが増えた、商材が増えた!ネットショッピングがメインになった。ということです。

数年前はまだ実店舗のほうがメインだったと思います。

今のようにカメラ屋に行ってもスマホと光回線と替えの電球しか売ってないという事態にはなっていなかったはずです。

カメラ屋で光回線に入り、余計なオプションいっぱいで、解約せずに数年経過、コールセンターにて文句を言う始末。

そうです。

時代の流れに乗ってバージョンアップはどんどんやっていきましょう。

恐れていてはいけません。

ってことですね。

止まったらそこでおしまい。

動かなくなったら、他の方法に切り替えるしかない!

それが運命と思うべし。

長くなりましたが、

アフィリエイトのためにサイトを作っても意味はなし!

だけど、

アフィリエイトが貼れないとWebサービスのような良いWebサイトは作れない!

つまり、

どんなアフィリエイトがあるかって知るためにはアフィリエイトのためのサイトを作る必要があり、その上でWebサービスのような良質なWebサイトを構築するべきということで、膨大な手間が必要ってことですね。

また、結局、私が数年前に作って放置していたサイトも数年経過した今でないと収益化できるようにはならなかったということです。

つまり、Webサービス開発ってすごく気の長い話です。

だから、世の中で分業が進んでいるわけです。

良質なWebサービスが構築できたらそっちで起業できます。

アフィリエイトが成せた無料サービスの技です。

一番、さいたるものはポイントサイトだと思うんですが、、これはまた、、異論があると思いますが、斬新でした。

This post was last modified on August 8, 2018, 1:39 am

osusume

Share
Published by
osusume

『秘密のランキングサイト』

運営者情報お問い合わせ

All Rights Reserved.