アフィリエイターへ転職!?【第11話】グーグルアドセンス広告が2018年6月から仮想通貨関連を禁止するそうです。配信型広告でおすすめは?

アフィリエイターへ転職!?【第11話】グーグルアドセンス広告が2018年6月から仮想通貨関連を禁止するそうです。配信型広告でおすすめは?

まあ、当たり前といえば当然ですが、以下のようなものはすでに規約に載っているようにだめです。

『カジノ(実際の賭博場)、ポーカーやビンゴ、ルーレット、スポーツ イベントを対象に賭けができるサイト、公営や私営の宝くじ、スポーツ賭博のオッズ集計サイト、ギャンブル サイトのボーナスコードやプロモーション特典を提供するサイト、カジノをベースとしたゲームに関するオンライン攻略法、「遊びのポーカー」ゲームを提供するサイト、カジノをベースとしていないキャッシュ ゲーム サイト』

これは想像できますよね?

ただ、日本オリジナルというのがあって以下のようなものがあります。

『金融機関: 不動産、銀行、有価証券、金融会社、FX(外国為替)、バイナリー オプション、投資顧問会社、クレジット カード会社、口座開設取次サービス、および上記の金融機関の関連会社を宣伝する会社は、金融庁やその他の監督官庁への登録が必要となります。また、ウェブサイトには有効な登録番号を表示する必要があります。』

アウトじゃないんかい!??

日本は国の許可さえあればなんでもできます。それで国の力を維持しているような気がしますが。。。

というか、今すでにアドセンスの広告はほとんどがこれらの禁止に該当するギリギリのライン上のものだけです。

結局そうなんですよ。

商売って利益を載せなきゃいけないから本来の価格よりも割高にしてるんですよ。原価割れしてうってるのなんて日本の家電屋さんくらいです!!!問題あり。

メーカーに販売員を出させたり、とてつもない値段と短納期でパソコンを買ってくれるお客様がいらっしゃいました。

値切り倒した挙げ句に『それ3日で納品してくれるの?』と最後にトドメをさしてくるそうです。あーたのしい。

ですね。

もうわかったんですが、『利益=怪しさ』です。

利益が薄いとまあ信用できるかってなるんですが日本国の税金なんてどれだけ利益を載せても誰も疑いようがありません。儲けの数割から半分以上持っていかれます。

それでも国民は信者となって吸い取られていくのです。

これと同じです。

グーグルは神のような存在です。それで信者です。私も。グーグル様のおかげで生きてこれた。

そういうものです。

しかし、たしかに抜かれ過ぎだったなと思います。仮想通貨関連がNGっていってしまうと多分、アドセンスが崩壊する気がします。

多分、これで他の仮想通貨OKの広告会社が伸びるでしょう。

ICO禁止といっても無理ですよね?世界的に。

本当に成功するプロジェクトもありますし、会社へ投資するのと一緒です。騙しもありほんともあり、成長する会社もあり、、、

投資判断で失敗しておいてICOが悪いというのは少し違う気がします。地球から逃げることはできません。ICO詐欺をやる方もバレバレですから、もうできなくなるわけです。

そういうことですね。あとは普通に銀行口座をおさえておけばいいわけです。また、クリプトで買い物ができればそういう違法な方法で得たお金をロンダリングできるっていっても、まあ、いつでもしてるわけですし、違法なことをすることを取り締まるのが本来であって違う気がします。

日本は特殊です。

世界で禁止されていることでもお上のサインがあればなんでもOKです。

ただ、仮想通貨でアドセンスは富を他の業者に分配するでしょう。

なぜなら、広告とは怪しいものだからです。

怪しくないなら、つまり、利益を載せないなら広告なんて出稿できません。

どうやって利益が出ない事業で広告を出すの?

誰も出しません。

一番、お金が動くのが仮想通貨です。これを禁止するっていったFBとアドセンスは終焉となるのでしょうか?

ヨーロッパの個人情報の件で叩かれているのでそのためという気もしますが、どっちみち日本みたいに不況の国ではアドセンス広告もほんとうに少ないものです。

なぜなら怪しくないと利益なんか載せられないからです。

利益を得るのは駄目ですか?

日本国が国民に年金の支払いとNHKの受信料を支払うことを義務化していて、お金を稼いで税金を払うことが国民の義務だと言っているわけです。

お金を稼ぐことを義務としているのです。稼がなければ税金は払わないでいいか?

っていうと、稼がなければ生きていけないような国にしようとしています。

こうなると怪しいビジネス=正義となるのです。

これは残念ながら今後、もっと加速します。

『世間は嘘つきと詐欺ばっかりだよ!』

と不況の国の人が言っていたのを思い出しましたが、まさにそのとおりになりそうです。

こんな時代に生きていくためには仕方ないってことですね。

そう思って割り切りましょう。

グーグルが仮想通貨関連の広告を禁止する=仮想通貨関連のページに貼ると規約違反となると解釈している人もいるようですが、そうなったら全員がびびって生きていくことになります。

もうアドセンスを剥がす人が続出です。

自分も剥がしたサイトがあります。何年もお世話になってきましたがさすがにいくつかのサイトではアドセンスは剥がしたほうがいいという判断となりました。

このサイトも貼りません。たぶん。ですが。

もちろん、怪しいギリギリの内容があるからですが、それよりも貼らないほうが儲かるからです。

で、他の仮想通貨関連のサイトではアドセンスは剥がしました。その数日後、ICO関連の配信型広告を貼りませんか?ってお誘いがお問い合わせよりありました。

つまりこういうことです。これから日本で起こる、Web広告の革新的変化とは。

日本においても、完全にアドセンスよりも他の配信型広告のほうが儲かるという判断にかわっていくとおもいます。

グーグルは検索で食っていく。つまりリスティング広告メインでいくということでしょう。

おそらく、順位争いがきつくなっていくでしょう。

こうなると、アフィのためのアフィサイトでは太刀打ちできなくなっていくわけです。

ヒットしないですから、

また、読者が読んでくれるサイトが最高となります。

ちなみにヤフーニュースや新聞社などのお硬いメディアでPVが爆発的に多いところではアドセンスが活躍できるでしょう。。

しかし、直接、企業が掲載を依頼して貼ったほうが安いわけですから当然大手では使われません。

小規模で広告主がアプローチできないところにアドセンスが活用されるのです。だから、10PV程度のサイトからもアドセンスを剥がさないでくださいってグーグルの人が前に言っていましたが、それがわかります。

そういう10PVのメディアに掲載してクリック課金を払うスポンサーっていうのも減るわけです。

ASP全盛の時代が来るでしょう。TVも減りましたし。。さあ、来るぞっと。

https://support.google.com/adwordspolicy/answer/6008942?hl=ja

日本

制限付きで許可されるものの一例

  • 商品先物取引: 商品先物取引を宣伝する会社は、経済産業省への登録が必要となります。また、ウェブサイトには有効な登録番号を表示する必要があります。
  • 消費者金融: 消費者金融を宣伝する会社は上場している必要があります。上場会社でない場合は、広告掲載の可否を Google が決定します。また、利息制限法に準拠していないサイトは表示されません。
  • クレジット カード: クレジット カードを宣伝する会社は、社団法人日本クレジット協会への登録が必要になります。また、ウェブサイトには有効な登録番号を表示する必要があります。
  • デートサービス: デートサービスの広告は、「18 禁」という警告表示を広告に掲載し、18 歳以上かどうかを確認する年齢確認画面をランディング ページに設けている場合に限って許可されます。
  • 金融機関: 不動産、銀行、有価証券、金融会社、FX(外国為替)、バイナリー オプション、投資顧問会社、クレジット カード会社、口座開設取次サービス、および上記の金融機関の関連会社を宣伝する会社は、金融庁やその他の監督官庁への登録が必要となります。また、ウェブサイトには有効な登録番号を表示する必要があります。
  • 性的なヌード: 日本では、性的な未検閲のヌードを掲載した広告は許可されません。承認を得るには、陰部にモザイクをかける必要があります。これらの広告は「アダルト」に分類されます。

許可されないものの一例

  • 闇金融
  • 盗撮
  • クレジット カードのキャッシュバック サービス
  • 緊急通報用電話番号(警察「110」、消防署「119」など)
  • 成人向けやアダルト向けサービス: ライブ通信サービスでのヌード写真や動画、テレクラ、風俗店、テレフォン セックス、性的行為を目的とした出会い系サイト、不倫や出会い系のサービスなどが該当します。
  • マルチ商法
  • 政治に関するコンテンツ: 日本では、選挙運動に使われるサイトを宣伝する広告は認められません。
  • 割増通話料が必要な電話番号(「0570」や「0990」などで始まる電話番号)

https://support.google.com/adwordspolicy/answer/6008942?hl=ja

AdWords のポリシー

AdWords ポリシー センターへようこそ。ここでは Google ネットワークでの広告掲載の要件をご確認いただけます。

AdWords のポリシーは、次の 4 つに分類されます。



禁止コンテンツ

偽造品

Google AdWords では偽造品の販売や宣伝を禁止しています。偽造品とは、他の商標と同一か、ほとんど区別がつかない商標やロゴを含む商品を指します。このような商品は、真正品と偽って販売するために商品のブランドの特徴を模倣しています。

危険な商品やサービス

Google ではオンライン/オフラインを問わず人々の安全を保護したいと考えているため、損害、損傷、危害を引き起こすような商品やサービスの宣伝は認められません。危険な商品やサービスの例: 危険ドラッグ(ケミカルやハーブ)、向精神薬、薬物を使用するための器具、武器および兵器、銃弾、爆薬および花火、有害な物品(爆発物など)の作成手順、タバコ関連商品

不正行為を助長する商品やサービス

Google では、不正な行動の実現を目的とする商品やサービスの宣伝は認められません。不正行為を助長する商品やサービスの例: ハッキング ソフトウェアおよびハッキング方法を説明するもの、広告やウェブサイトのトラフィックを人為的に水増しするサービス、偽造文書、受験代行サービス

不適切なコンテンツ

Google では多様性を尊重し、他者への思いやりを大切にしています。そのため、衝撃的なコンテンツを表示したり、憎しみ、偏見、差別を助長したりするような広告やリンク先は許可していません。

攻撃的または不適切なコンテンツの例: 個人や団体を対象としたいじめや脅し、人種差別、差別扇動団体が利用するツール、犯罪現場や事故現場の生々しい画像、動物の虐待、殺人、自傷行為、ゆすりや恐喝、絶滅危惧種の販売や取引、冒とく的な言葉を含む広告

禁止されている行為

広告ネットワークの不正利用

Google ネットワークに表示される広告を、ユーザーにとって有意義で、バラエティ豊かで、関連性が高く、安全なものにするために、広告の審査プロセスを回避したりごまかそうとしたりする、悪意のある広告やコンテンツ、リンク先は認められません。Google ではこれを重大な問題と捉えておりますので、常に公正に対応していただくようお願いいたします。

広告ネットワークの不正利用の例: 不正なソフトウェアを含むコンテンツの宣伝、ユーザーに実際に表示するリンク先を隠すための「クローキング」などの手法、広告表示を主な(または唯一の)目的とするページを宣伝する「アービトラージ」などの手法、ユーザーを別の場所に誘導することだけを目的とした「ブリッジページ」や「ゲートウェイ ページ」などの宣伝、ソーシャル ネットワークでユーザーから好評価を得ることを主な(または唯一の)目的とした広告掲載、Google のポリシー審査システムのチェックを逃れるように操作すること

データの収集および使用

Google では、ユーザーに関する情報を尊重し、適切な配慮を持って取り扱います。このため、Google の広告掲載パートナーである広告主様も、こうしたユーザー情報を不正使用することや、目的を明らかにせずに、または適切な安全対策を取らずに収集することは認められません。取り扱いに注意を要するユーザー情報の例: 氏名、メールアドレス、住所、電話番号、国籍、年金情報、社会保障情報、納税者番号、医療情報、運転免許証番号、上記いずれかの情報と生年月日または母親の旧姓との組み合わせ、財務状況、政治的思想、性的指向、人種や民族、宗教

不当なデータ収集とデータ利用の例: セキュリティで保護されていないサーバーを使ってクレジット カード情報を取得する行為、ユーザーの性的指向や資産状況を把握していると謳った宣伝、インタレスト ベース広告とリマーケティング広告に適用されるポリシーに対する違反

不実表示

Google では、掲載されている広告によってユーザーが騙されたと感じることがないよう、ユーザー自身が判断するために必要十分な情報を提供したいと考えております。ユーザーを騙すために、商品やサービス、ビジネスに関する必要な情報を提供しなかったり、誤解を招く情報を提供したりする広告やリンク先は認めておりません。

不実表示の例: 支払いの詳細情報(支払いの方法、対象、請求時期など)を省いたり、わかりにくくしたりする行為、金融サービスで発生する料金(金利、手数料、罰金など)の情報を省いたり、わかりにくくしたりする行為、納税者番号や免許証番号、連絡先情報、関連する拠点の住所などの表示を怠る行為、実際には利用できない特典を提示する行為、減量や金融商品に関して誤解を招く表現で宣伝したり、現実にはありえない効果を謳ったりする行為、偽りの大義名分に基づいて寄付を集める行為、個人情報や財産情報を聞き出すために有名企業になりすますフィッシングなどの不正行為

制限付きコンテンツ

下記のポリシーは、法律的または文化的観点から取り扱いに注意を要するコンテンツを規定しています。オンライン広告はユーザーにリーチするうえで効果的な手法ですが、Google では掲載が不適切と考えられるコンテンツを含む広告を掲載しないよう配慮しています。

そのため、下記のコンテンツの宣伝は制限付きで許可されます。ただ、こうした広告がすべての地域ですべてのユーザーに表示されるとは限りません。また、こうした広告を掲載するにあたっては、事前に別の要件を満たす必要が生じる場合があります。なお、すべての広告サービスや機能、ネットワークが、こうした制限付きコンテンツの広告に対応しているわけではありません。詳しくはポリシー センターでご確認ください。

アダルト コンテンツ

広告はユーザーの嗜好を尊重し、法規制に準拠したものである必要があります。そのため、Google では広告やリンク先に特定の種類のアダルト コンテンツを使用することを認めておりません。一部の成人向け広告やリンク先は、以下に示すポリシーに準拠し、未成年者を対象から除外することで許可される場合がありますが、ユーザーが入力した検索語句、ユーザーの年齢、広告の掲載地域の法律に基づいて表示が制限されます。

詳しくは、ポリシーに違反した場合をご覧ください。

制限付きのアダルト コンテンツの例: ストリップ クラブ、ポルノ映画、大人のおもちゃ、ポルノ雑誌、性行為を促進する商品、出会い系サイト、性欲を刺激するポーズを取ったモデル

アルコール

Google は広告掲載地域のアルコール関連法や業界基準を遵守しています。そのため、商品がアルコール飲料かアルコール類に類似した飲料かによらず、特定の種類のアルコール関連広告を認めておりません。一部のアルコール関連広告は、以下のポリシーに準拠し、未成年者を対象とせず、アルコール関連広告の表示が明示的に許可されている地域に掲載することで許可される場合があります。

制限付きのアルコール飲料の例: ビール、ワイン、日本酒、蒸留酒、アルコール度の高い酒、シャンパン、酒精強化ワイン、ノンアルコール ビール、ノンアルコール ワイン、ノンアルコール蒸留酒

著作権

Google は広告掲載地域の著作権法に準拠し、著作権所有者の権利を保護しているため、著作権で保護されたコンテンツを不正に使用する広告は認めておりません。著作権で保護されたコンテンツの使用権限が法的に認められている場合は、広告に使用するために認定の申請をしてください。不正使用されているコンテンツについては、著作権に関する申し立てをしてください。

ギャンブル、ゲーム

Google は節度のあるギャンブル関連広告をサポートしており、掲載地域のギャンブル関連の法律や業界基準を遵守しています。そのため、特定の種類のギャンブル関連広告を認めておりません。ただし、以下に示すポリシーに準拠し、広告主様が適切な AdWords 認定を受けているギャンブル関連広告は許可されます。ギャンブル関連広告は、掲載が承認されている地域を対象とし、節度のあるギャンブルに関する情報を表示するランディング ページを含み、未成年者を対象としないようにする必要があります。広告を掲載する地域の法規制を確認してください。

ギャンブル関連の制限付きコンテンツの例: カジノ(実際の賭博場)、ポーカーやビンゴ、ルーレット、スポーツ イベントを対象に賭けができるサイト、公営や私営の宝くじ、スポーツ賭博のオッズ集計サイト、ギャンブル サイトのボーナスコードやプロモーション特典を提供するサイト、カジノをベースとしたゲームに関するオンライン攻略法、「遊びのポーカー」ゲームを提供するサイト、カジノをベースとしていないキャッシュ ゲーム サイト

ヘルスケア、医薬品

Google はヘルスケアや医薬品に関する広告規制に従うよう努めており、広告やリンク先は適切な法律や業界基準に準拠する必要があります。一部のヘルスケア関連コンテンツの広告を一切掲載できない場合や、広告主様が Google の認定を受け、掲載が承認されている地域のみを対象とする場合に限り、広告を掲載できる場合があります。広告を掲載する地域の法規制を確認してください。

政治に関するコンテンツ

すべての政治関連の広告やリンク先は、掲載地域の政治活動や選挙に関する法律に準拠する必要があります。このポリシーには、法的に定められた選挙活動自粛期間も含まれます。

政治に関するコンテンツの例: 政党や選挙の候補者、政治問題の主張に関する宣伝

金融サービス

Google は、ユーザーが適切な金銭的判断を下すことができるよう、十分な情報を提供するべきだと考えています。Google のポリシーは、金融商品のコストを検討するのに十分な情報をユーザーに提供し、有害または詐欺的な商法からユーザーを守ることを目的としています。このポリシーにおいて、金融関連の商品やサービスとは、金銭の管理や投資に関連するもの(パーソナライズされた助言などを含む)を指します。

金融関連の商品やサービスを宣伝する際は、広告のターゲットに含める地域の法令をすべて遵守し、たとえば現地の法律で定められている情報開示の要件などに従う必要があります。詳しくは、国ごとの要件をまとめたリストをご覧ください(すべての要件を収録したものではなく、一部を紹介したものです)。

商標

AdWords 広告で商標を使用できるかどうかは、さまざまな要素によって決まりますが、ポリシーが適用されるのは、ポリシー センターの記載内容に該当する場合、および商標権所有者様が Google に対して有効な申し立てを行われた場合のみです。

法的要件

Google の広告掲載のポリシーに加え、広告掲載先の国や地域で適用されるあらゆる法律および規制を遵守していただく必要があります。

その他の制限付きビジネス

Google では、ユーザーを保護する目的で特定のタイプのビジネスによる広告掲載に制限を設けています。この制限は、個々の事業者が Google の他のポリシーを遵守している場合であっても適用されます。ユーザーや消費者保護機関からの意見を参考に検討を重ねた結果、Google は特定の商品やサービスについて悪用の恐れがあると判断を下す場合があります。また、特定のタイプのビジネスによってユーザーの安全や利便性が不当に損なわれる危険性があると見なした場合は、より慎重な立場を取って関連広告の掲載を制限または停止することがあります。

編集基準と技術要件

Google では、ユーザーにとって邪魔になる広告や操作が面倒な広告をなくし、高品質で魅力的な広告を配信するために、編集基準を設定しています。また、ユーザーと広告主の皆様に Google の多彩な広告フォーマットを最大限にご活用いただくために技術要件も設定しています。

編集

Google では質の高いユーザー エクスペリエンスを提供するため、すべての広告、表示オプション、リンク先に対し高い職業基準および編集基準を満たすよう義務付けています。Google で許可される広告は、明瞭で洗練されており、関連性が高く有用で操作しやすいコンテンツにリンクしている必要があります。編集基準を満たしていない宣伝の例:

  • あいまいな表現(例: 「ここで商品を購入」)を使った一般的すぎる広告
  • 単語、数字、文字、句読点、記号を人目を引く目的で使用する行為(例: 87 たば、は-な-た-ば、はな夕ば)

リンク先の要件

広告をクリックするユーザーの利便性を確保するために、広告のリンク先はユーザーにメリットを与える独自の情報を提供するものでなければなりません。また、正しく機能し、有用で、操作しやすいものである必要があります。リンク先の要件を満たさない宣伝の例:

  • ランディング ページの URL を的確に反映していない表示 URL(例: 「google.com」の表示 URL で実際のランディング ページが「gmail.com」の場合)
  • 作成中のサイトやアプリ、ドメイン パーキング サイト、機能しないサイト
  • 一般的なブラウザで表示できないサイト
  • ブラウザの戻るボタンが無効になっているサイト

技術要件

広告を明確で機能的なものにするために、特定の技術要件を満たしていただく必要があります。

広告フォーマットの要件

ユーザーに高い利便性を提供し、魅力的で洗練されたデザインの広告を配信できるよう、Google では特定の要件を満たした広告のみを許可しています。詳しくは、ご利用中の各広告フォーマットの要件をご確認ください。

注: イメージ広告や動画広告など、テキスト広告以外のフォーマットで「成人向け」の広告を掲載することはできません。詳しくは、アダルト コンテンツに関するポリシーをご覧ください。

広告フォーマットの要件の例: 広告見出しや広告文の文字数制限、画像サイズの要件、ファイルサイズの制限、動画の時間制限、縦横比の規定



Google のポリシーについて

AdWords は、世界中のあらゆる規模のビジネスが Google ネットワークでさまざまな商品やサービス、アプリやウェブサイトを宣伝できるサービスです。Google はこのサービスを通じて、広告主様が既存の顧客や見込み顧客、ユーザーにより多くの広告を表示できるようサポートしたいと考えています。ユーザーにとって安全で利便性の高い環境を構築するために、表示された広告に関するユーザーからのご意見を傾聴しているほか、オンラインのトレンドや実践手法の変化、業界標準や規制の変更についても継続的に確認しています。ポリシーの策定にあたっては Google の企業としての価値や文化に加え、運用面、技術面、ビジネス面の要件も考慮に入れています。こうした背景のもとで、Google ネットワークでのあらゆる宣伝に適用される一連のポリシーが作成されています。

Google は広告主様に対して、適用されるすべての法律と規制に加え、上記に示す Google のポリシーを遵守することを義務付けさせていただいております。このため、お客様がビジネスを運営する地域と広告を表示する地域に適用される要件をよく把握し、常に最新の要件を確認しておくことが重要です。要件に違反するコンテンツが見つかった場合、それに関連する広告は表示されなくなります。また、そうした違反が繰り返されたり、悪質な違反が判明したりした場合、Google での広告掲載は停止されます。

This post was last modified on June 20, 2018, 1:08 pm

osusume

Share
Published by
osusume

『秘密のランキングサイト』

運営者情報お問い合わせ

All Rights Reserved.